2017年8月6日日曜日

海洋堂四万十ミュージアム夏祭り

2017.8.6 海洋堂四万十ミュージアム夏祭り

高知と和歌山を結ぶ「みかんかっぱちゃん」

台風5号の影響を受ける中で、無事にイベントは終了しました。
ステージには、大正中学校音楽部のジャズ演奏から始まり、本多俊之さんがセッションします。会場は一気に盛り上がり、台風の勢いに負けず音楽イベントが始まりました。
シマントにはう〜みさんが登場して、さらにお客様と一体となり、かっぱちゃんが加わって、ダンスが始まり会場は大興奮でした。
 これだけでも十分なのに、EPOさんが登場、四万十の夏祭りに参加された皆様の心に響く歌声に酔いしれました。

次回はみかんちゃんのふる里・和歌山へ

共催:海洋堂/わかやまワッパプロジェクト

EPOさん、本多俊之さん、沢田穠治さん、馬場孝喜さん、
ステージ中央は、みかんかっぱちゃん

歌手のう〜みさんとわっぱのえっちゃん

海洋堂宮脇センムさん
でっかいですね。
海洋堂ホビー館

2017年7月4日火曜日

海洋堂四万十ミュージアム夏祭り

和歌山と高知を繋ぐかっぱみかんちゃんの夏祭り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3回歴史文化工学会総会および関連企画のご案内
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
伝承から辿る歴史文化工学の探求
カッパの移住した最後の清流・四万十で模型•恐竜•音楽を感じ・考える

主催:歴史文化工学会
共催:株式会社 海洋堂、わかやまワッパプロジェクト

日時
201786日(日) 

趣旨
カッパは四国にいないという伝承がありました。しかし今、高知・四万十はカッパに溢れています。カッパ伝承の舞台は、日本文化を支えてきた豊かな自然『里山』が護ってきた“清流”です。里山は、日本の歴史文化の生態系を支える中心的な役割を担ってきました。しかし、その豊かな自然への破壊行為は、日本全国で継続しています。日本最後の清流と言われる四万十へのカッパの移住は、それを暗喩するものに他なりません。今回の歴史文化工学会では、美しい四万十の中で、豊かな自然を後世に伝え、その中で歴史文化を育み、日本の未来に寄与させるための方策を考えます。


・四万十ミュージアム群見学会12201400
海洋堂四万十ミュージアム、かっぱ館見学
2人の世界的生物造形アーティストによる“かっぱ根付”塗装体験

・「海洋堂・四万十ミュージアム夏祭り」15:0017:00
サックス奏者・本多俊之氏(本学会員)、著名シンガーソングライター・EPO(わかやまワッパプロジェクト協力)をスペシャルゲストに招き、また、「うーみ」(千と千尋の神隠しのテーマ曲「あの日あの川」を歌っている方)、「sugartrap」(シュガートラップ)などの高知のアーティスト達が、ゲストと共に清流・四万十を盛り上げます。この祭りは、継続的なイベントとし、地域社会の活性化を狙います。このイベントはわかやまワッパプロジェクトとの共催となります。

2017年3月11日土曜日

BandaParadiso guest EPO

安養寺LIVE
2017.4.23sunday
ゲストにEPOさんを迎えて心優しく癒やしてくれる愛の響きをお届け致します。
演奏は沢田穣治さんと素晴らしい仲間が集まります。
LIVEアートはリキューさんが花を咲かせてくれるでしょう。

EPOさん
心優しく癒やしてくれる愛の響きが届きました。

EPOさんと演奏者の皆さんと、うふふふ

小さなお寺に大きなよろこびと感激の涙
こんなに近くで、EPOさんと一緒に楽しめました。

アーティストたちの作品
LIVEアート リキュー作が並ぶ

恒例の打上げ会演奏終了後、かんぱーい


2016年11月11日金曜日

2016年6月9日木曜日